医学生からはじめる アウトプット日記

医学生のうちにはじめてみたいということで始めてみたブログです。体験のシェアや、日常の医学に関連する疑問の「なぜ」・「なに」を大切にアウトプットする場としても使いたいと思います。少しでもお役に立てば幸いですが、自己責任でお願いします。また、内容に関しては自身の所属等とは一切関係ありません。

②勉強に関するやらない方が良かったこと ~大学生活 卒業までを振り返って~

勉強に関するやらない方が良かったと思うことを紹介します。

 

①勉強に関するやって良かったこと」の続編です。

①勉強に関するやって良かったこと ~大学生活 卒業までを振り返って~ - 医学生からはじめる アウトプット日記

 

 こちらも医師国家試験が終わり、医学部卒業後を目前とした現在(書いた時)から振り返ったときの個人的な解釈です。その当時はここまで「やらない方がよい」と認識していたわけでもありません。むしろ、その当時はやった方がいいと考えてやったものも多くあります。

こちらも大学の試験勉強や国試・CBT対策に直接的に関係しやすい部分から挙げていきます。

 

1. CBT用の予備校講座

 大手国家試験予備校から販売されているCBT向けの講座も一抹の不安から買いました。どうせ勉強するなら国家試験用でよいし、私には中途半端でした。

 

2. まとめノートの作成

 2年生後半・3年生あたりから始まる臨床科目の授業を参考にまとめをつくりました。紙のノートではなくWordやGoogleドキュメント主体で、基礎医学の時よりも後で復習するだろうという予測のもと、力を入れて作りました。学内の試験対策には役立った面もありましたが、労力に合わず、卒業時まで使うこともありませんでした。
 やはり、レビューブック(メインは暗記用)やMedu4のテキストといった既製品を軸に書き込んだりしていく方が、個人的には時間的なコスパも、内容の偏りもなくてよかったと思います。

f:id:mk-med:20210214145952j:plain

まとめ:全科目に対して作っていたと思うとぞっとします。

3. 断れなかった過去(過去と言いたい…)

 いろいろな勉強会・運営等に誘われました。忙しいけど、振り返ってみると何も成し遂げていない…となってしまったものもありました。(今でもあります。6年生になるまでは本当に断れませんでした。)
 「少しでもいいから」と誘われることもありますが、やりたいことでなければ、お互いのためにもお断りすることも大切です。やっぱり、パフォーマンスやモチベーションが異なってきます。最後は義務のようにやることもありました。

 また、誘われた場合は「なぜ行くのか」を明確にして、全く知らないことに触れるために行く、テーマがはっきりしていてやりたいことをやるために行く等にするべきでした。「参加者が少なくて必死に誘っていた」と後で聞いた時のショックもありました。知識等の習得を目的に内容が被るうる単発の勉強会に何度も参加することは避けて、早くから教科書や体系的なプログラムに参加すべきあったと反省しています。

 

 そして、すべてにYesと言わず、「Noと言うことでYesと言うことよりも多くのチャンスを引き寄せる」と思うのでちょうどよいバランスをみつけて、有限な時間等を有意義に過ごしてください!

 

 

これらのメッセージの最後に…

『比較は昨日の自分だけに!』

 いろいろな勉強法、いろいろな人、調べ始めたら止まらないぐらい多くのことがインターネットで分かるようになりました。
 人によって、良し悪しも様々。他の人・ことは参考にはしても、比較しすぎるのは苦しい。最後は昨日の自分と比べて成長しているかの比較に留めて欲しい。そして、様々な視点から遊びだって、勉強だって楽しむことも大切にして、毎日を充実させて欲しいと思います。他の人・他のこととの比較の泥沼にはまらず、長いスパンで考え・前に進んで行くために。
 そして、何よりその時しっかり考えて決めたことであれば、それがベストな選択です!

 

好奇心を大切に♪

・やりたいことを/方法で

 楽しいことを/方法で 勉強してください!

・プラスαの勉強であればなおさら、楽しくないと続きません!

 

国家試験を終わった後に、質問してくれた後輩に感謝しています。今しかできない節目での振り返りの機会をありがとうございました。