医学生からはじめる アウトプット日記

医学生のうちにはじめてみたいということで始めてみたブログです。体験のシェアや、日常の医学に関連する疑問の「なぜ」・「なに」を大切にアウトプットする場としても使いたいと思います。少しでもお役に立てば幸いですが、自己責任でお願いします。また、内容に関しては自身の所属等とは一切関係ありません。

書籍紹介

初期研修:勇気を出して感情を共有してみたら?  本:『医師の感情-「平静の心」がゆれるとき』

初期研修 〜勇気を出して感情を共有してみたら?〜本: 『医師の感情-「平静の心」がゆれるとき』 初期研修がはじまり、早いことにそろそろ2ヶ月が経とうとしています。新緑もいつのことやら、気がつけば梅雨入りしていました。 今回は初期研修が始まって、…

本:臨床医のための進化するアウトプット 総合診療2021年5月号

臨床医のための 進化するアウトプット 学術論文からオンライン勉強会、SNSまで 総合診療 2021年5月号 大浦 誠 (編集), 長野広之 (編集), 森川 暢 (編集), 吉田常恭 (編集) 巡り合えて良かったと思う書籍の紹介です。普通の医学書を紹介するというより、周辺…

Semantic Qualifierを意識した診断推論

Semantic Qualifierを意識した診断推論(臨床推論)に向けて 先日、千葉大学の鋪野紀好先生が編集をされたレジデントノート増刊号『症候診断ドリル』をご恵贈いただきました。この書籍の特徴は23の症候診断の中でSemantic Qualifier(SQ)を意識した書籍で…

本:医学生・若手医師のための誰も教えてくれなかったおカネの話

『医学生・若手医師のための誰も教えてくれなかったおカネの話』Dr. K(著) この業界では話すことすら一種のタブーにも感じている「お金」に関する書籍です。 この書籍は少し前からあったのを知っていたのですが、このタイミングで書店で手に取ったところ、…

臨床推論 症例探し・下調べ ~自学自習や勉強会の開催に向けて~

臨床推論 症例探し・下調べ ~自学自習や学生主体の気軽な勉強会開催に向けて~ 学生内での臨床推論(診断推論)の練習のために学内外で症例提示をする際に、主に書籍や雑誌から症例を選んで、様々な準備をして行ってきました。その体験を振り返り、お伝えで…

本:考えることは力になる ポストコロナを生きるこれからの医療者の思考法 ~読んでよかった本~

『考えることは力になる ポストコロナを生きるこれからの医療者の思考法』 岩田健太郎(著) 巡り合えて良かったと思う書籍の紹介です。普通の医学書を紹介するというより、周辺をテーマにしたものや興味深いものを紹介できればと思います。 【こんな人にお…

本:家でのこと -訪問看護で出会う 13の珠玉の物語 ~読んでよかった本~

『家でのこと-訪問看護で出会う 13の珠玉の物語』 高橋恵子(著) 巡り合えてよかったと思う書籍の紹介です。普通の医学書を紹介するというより、周辺をテーマにしたものや興味深いものを紹介できればと思います。 【こんな人に読んで欲しい】 ・実習ができ…